BitpandaによるICO『Pantos』について

BitpandaによるICO『Pantos』について


今回はオーストラリアの仮想通貨取引所「Bitpanda(ビットパンダ)」と注目ICO「Pantos」について

解説していきます。

『Bitpanda(ビットパンダ)』とは

オーストラリアのウィーンに本社がある仮想通貨取引所です。

設立は2014年で、ヨーロッパで最も人気を集めています。

取扱コインは、以下のようです。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • DASH(ダッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャシュ)
  • XRP(リップル)

ユーロとの取引も可能で、すべてのアセットに対応する独自に開発した

ウォレットソリューションも備えています。

 

またBitpandaはオーストラリア全土の1800の郵便局と提携をしており

顧客はユーロを使って容易に暗号通貨が買えるようになっています。

30万以上のユーザーがおり、トランザクション量は約2億ユーロです。

 

Bitpandaによる『Pantos』とは

PantosはBitpandaによる新しいプロジェクトで、初のマルチブロックチェーントークン

システムの事を指します。

 

Pantosは、オープンソースのオープンイノベーション型の研究プロジェクトであり、

ブロックチェーンプロジェクト間の協力を促進し、

分散型のクロスチェーントークン転送のための新しく革新的な標準を

設定することを目指しています。

 

Pantosは科学研究プロジェクトで、Bitpandaに携わるチームが考案したもので

チームの参加者には、ウィーン工科大学、オーストリア科学アカデミー、

未来の暗号通貨経済研究機関(RIAT)に所属する科学者たちがいます。

 

さすが大手取引所という印象をもちますね。

『Pantos』の目標と、PANトークンのユースケースについて

 

Pantosはデジタル通貨市場の分断を終わらせることを目標としています。

デジタル通貨トークンの開発や共有において、世界的な規格を設定しようとする

素晴らしいトレンドが顕著に存在します。

 

Pantosは、そうした規格化や互換性の開発を互いに協調させるための、

道しるべとなるために存在します。複数の主要なブロックチェーンプラットフォームと

提携することで、Pantosはそうしたブロックチェーンを接続し、

チェーン間のスムーズな価値の移動を可能にします。

 

私たちのビジョンはあらゆる主要なプロジェクトを結びつけ、

チェーン間の相互交流を促し、クロスチェーントークンに向けた規格を設定し、

参加している主要なブロックチェーンプロジェクトに対して責任を持つチームを持つことです。

 

協力をすることで、私たちはそれぞれのブロックチェーンにおけるPANトークンの

発行要件を設定し、最良の手続きや方法を決定することができます。

 

『Pantos』のAirDrop

『Pantos』 by Bitpandaが行っているAirDropをご紹介します。

公式サイトの登録とAirDropへの参加で付与されます。

予算は総額10,000,000PANで、一人当たりの配布金額は不明です。

4月18日のICOの後に公式サイトのウォレットに配布されます。

参加方法

1. Bitpanda公式サイトにアクセス
2. GET STARTEDをクリック→メールアドレスを入力
3. 認証メールをクリック→パスワードを入力
4. ログイン後、Pantos ICOをクリック
5. 右側のPantos Airdropに行き、規約に同意し、Claim Free PAN nowをクリック

 

今後、どのような発展を遂げるかはわかりかねますが、

無料で配布されるので、もらってみるのはありかと思います。

登録も2,3分で出来ました。

 

最近、仮想通貨関連の問題が多いので、よく考えて判断してみてください!

Bitpanda公式サイトはこちらから

海外FXを検討の方へ

CTA-IMAGE 管理人使用口座でもある「XM」今なら口座解説するだけで3000円がもらえます。レバレッジ最大888倍なので、タダでもらえる3000円だけでも十分トレードできます。さらに登録後にはXM内でウェブセミナーを見ることができ、勝てるトレードテクニックを得ることができます。

【番外編】仮想通貨カテゴリの最新記事