XMのスプレッドについてXM利用者が徹底解説!

XMのスプレッドについてXM利用者が徹底解説!

スキャルピングをするうえで、重要視するのが「スプレッド」だと思います。

 

国内FXをしていて海外業者に変えようか悩んでいる方

XM以外の海外業者を使っている方、FXをこれから始める方のために

私が利用している『XM』のスプレッドについて生の声をお届けします。

 

XMのスプレッド一覧

 

まずはざっくりメジャーな通貨のスプレッドを紹介します。

通貨ペア 最小スプレッド 平均スプレッド
ドル円 1.0pips 1.8pips
ユーロドル 1.0pips 1.7pips
ユーロ円 1.0pips 2.6pips
ポンドドル 1.0pips 2.3pips
ポンド円 1.0pips 3.8pips
豪ドル円 1.0pips 1.8pips

国内業者を使われている方はスプレッド広っ!と思うかもしれません。

私も最初は広く感じました。でもXMはレバレッジが国内と比較にならないほど

大きくできるので、スプレッドの広さはほとんど感じたことがありません。

 

しかし、スプレッドが広いと感じる場合もあるはずです。

それは、トレードスタイルに大きく左右されるからです。

 

日によっては相場の動きがあまりない時もあります。

そんな日に超短時間のスキャルピングはこのスプレッドでは

厳しいです。

 

ドル円、ユーロドルを扱う場合はそこまで気になりませんが

ポン円で超短時間スキャルピングをするのはなかなか難しいです。

 

少なからず海外FXをしたことがない人にとっては慣れが多少なりとも

必要です。

 

 

XMのZERO口座

 

スプレッドのこだわりがあり、広いスプレッドの業者は嫌だという方も

いるかと思います。そんな方のためにXMはスプレッド特化型の

ZERO口座というものを用意しています。

 

ZERO口座のスプレッド一覧

通貨ペア 平均スプレッド
※取引手数料 1.0pips(10ドル/lot)
ドル円 0.10pips(1.10pips)
ユーロドル 0.10pips(1.10pips)
ユーロ円 0.60pips(1.60pips)
ポンドドル 0.4pips(1.40pips)
ポンド円 1.10pips(2.10pips)
豪ドル円 1.00pips(2.00pips)
カッコ内が「平均スプレッド+往復取引手数料」のトータルコストです。XMの取引手数料1000円(10万通貨あたり)をスプレッド換算すると1.0pips。
つまり、スプレッドに1.0pipsを足すと、トータルの取引コストを出すことができます。
(例1)0.10pips(ドル円平均スプレッド)+1.00pips=1.10pips→これがドル円のトータルの取引コスト
(例2)0.60pips(ユーロ円平均スプレッド)+1.00pips=1.60pips→これがユーロ円のトータルの取引コスト

ZERO口座はハイレバができる業者では別格にスプレッドが狭いです。

ただXMの売りの1つであるボーナス制度が適用されません。

 

 

まとめ

 

XMの強みは、豊富なボーナス・レバレッジ・信頼性・日本語サポート・

約定力・使いやすさ・通貨ペア数にあります。

 

スプレッドはそのため少し広いといった感じです。

ハイレバレッジで超短期スキャルピングをする方には不向きかもしれません。

超短期でのトレードをしない方には、いいところが数多くある業者だと

私は思っています。

海外FXを検討の方へ

CTA-IMAGE 管理人使用口座でもある「XM」今なら口座解説するだけで3000円がもらえます。レバレッジ最大888倍なので、タダでもらえる3000円だけでも十分トレードできます。さらに登録後にはXM内でウェブセミナーを見ることができ、勝てるトレードテクニックを得ることができます。

【海外FX】XMカテゴリの最新記事