失敗の連続、そしてFXを途中でやめてしまう理由

失敗の連続、そしてFXを途中でやめてしまう理由

FXで継続的に勝ち続けている人は、個人FXトレーダーの全体の1割と

言われています。

 

つまり、9割近くの人が継続的に勝つことができていないというのが

現状です。勝つ人のFX手法は、様々ですが負けている人の手法は

共通している点が多くあります。

 

今回は、「なぜ負け続けてFXをやめてしまうのか」について

解説していきます。

 

根拠ないエントリー

 

これが1番ありがちな失敗です。

根拠ないトレードとは、意味もなくエントリーすべきでない

タイミングでもエントリーしてしまうことです。

 

一般的に、ポジポジ病といわれており「いつでもどんな時でも

トレードしなければいけない」または、「トレード回数を増やせば

より稼げる」と思っている人がやっているパターンです。

 

解決方法

 

エントリーする根拠を明確にする。

「なぜ、エントリーしたのか」ということを

他人に説明できる程、根拠をもつことが重要です。

 

直感や値ごろ感だけでエントリーすることが決して

ないようにしましょう。

 

人に頼る

 

今は、ネットでFXの情報が簡単に手に入ります。

アナリストや億トレーダーが発信する情報に

ついつい引っ張られることがあると思います。

 

私も、その様なことがあります。

しかし、自分の相場分析を乱してしまっては、

いけません。

 

それらの情報は、あくまでその人の意見にすぎませんし

予想アプリや予想ソフトなども同様に確実な

未来を予想することなどできません。

 

それを信じて勝つこともあれば負けることも

あると思いますが、あなたの力には全くなっていません。

 

解決方法

 

為替相場は生き物です。

他人の意見や予想アプリなどで相場観を学ぶことは大切ですが

あなたの意見をもつことが最も重要です。

 

勝った後、負けた後それがなぜそのような結果になったのかを

考えることがポイントとなってきます。

FXの経験値を高めて行きましょう。

 

価格変動が小さい時にトレードする

 

FXは、常にエントリーできるとは限りません。

どんな、テクニカルを使おうとも、どんないいタイミングで

エントリーしようとも稼げないときがあります。

 

ボラティリティが重要だからです。

ボラティリティとは、価格変動の度合いを指します。

これが小さい時ほど、稼げない時はありません。

 

ボラティリティが小さいのにポジションをもって

無理なトレードをするのは失敗のもとです。

 

解決方法

 

通貨ペアやトレード時間を意識することだけでも

重要な意味があります。

 

一般的に昼間は東京時間、夕方からロンドン時間

夜中は、ニューヨーク時間と言われています。

 

時間帯によって中心となる国が変わり

ボラティリティにも大きな変化があります。

つまり、時間帯によって通貨ペアを変えることだけで

ボラティリティが小さい時に、エントリーしてしまうことを

避けることができます。

 

まとめ

 

あなたに当てはまる失敗パターンはありましたでしょうか。

当てはまる場合は、すぐに改善する必要があるので

ここで挙げた解決方法を心がけて下さい。

 

少しでも負けパターンを理解し、減らすことで

勝ち組トレーダーの仲間入りを果たすことができます。

地道に一つずつ改善していきましょう。

海外FXを検討の方へ

CTA-IMAGE 管理人使用口座でもある「XM」今なら口座解説するだけで3000円がもらえます。レバレッジ最大888倍なので、タダでもらえる3000円だけでも十分トレードできます。さらに登録後にはXM内でウェブセミナーを見ることができ、勝てるトレードテクニックを得ることができます。

【個人的】サラリーマンFXニュースカテゴリの最新記事