実践的なMT4の使い方。基本から裏技までを短時間で使えるようになります。

実践的なMT4の使い方。基本から裏技までを短時間で使えるようになります。

MT4は最も優れたFXトレードツールと言われていますが、誰でも無料で使うことができます。

開発したのはロシアのMetaQuotesという企業ですが、日本語でも使えます。

 

MT4は私の最も好きなトレードソフトの一つです。

世界中で100万人ぐらいのトレーダーがMT4を使っているそうです。

MT4のインストールから実践的な使い方までを解説しています。

 

 

MT4のインストール方法

もしまだMT4を使っていないのであれば、

まずはMT4をパソコンにインストールするところから始めましょう。

今回は、もっとも信頼できる海外FX業者であるXM(エックスエム)で

MT4をインストールする方法を紹介します。

 

まずデモ口座を開設します。こちらから

開設の手順はこちらの記事に書いています。こちらから

 

デモ口座への登録が完了したら、

MT4のダウンロードページからMT4のインストーラーをダウンロードします。

XM(エックスエム)公式HPより MT4インストールをダウンロードはこちら

 

ダウンロードしたMT4のインストーラーを実行すると、インストールがスタートします。

ライセンス画面では、「はい、」にチェックを入れて、「次へ」

MT4の開発会社のウェブサイトのポップアップが開きますが、必要ないのですぐに閉じましょう。

通常はインストーラーの画面で特別な設定する必要はありません。

インストールが終了すると、MT4が立ち上がってくると思います。

 

自動的に起動しない場合は、デスクトップにショートカットアイコンができているので、

そちらからMT4を起動することができます。

MT4を起動すると、サーバーを選択する画面が出てきますので、

デモ口座開設後に送られてくるメールで指定されたサーバーを選択します。

ログイン画面が出てくるので、メールに記載されていたログイン情報を使ってログインしましょう。

これで、MT4を使う準備が完了しました。

リアルマネーの取引口座を開設した場合は、

リアルマネー口座向けのログイン情報がもらえるので、そちらを使ってログインします。

 

リアルマネー口座に移行する段階で、MT4を入れなおす必要はありません。

共通のMT4を使い、ログイン情報で切り替えれば大丈夫です。

MT4の画面の見方:チャート・気配値表示・ナビゲータ

  • ①ツールバー・・・時間足の変更、ラインなど
  • ②気配値表示・・・為替レート
  • ③ナビゲーター・・・分析ツール・インジケーターなど
  • ④ターミナル・・・取引・口座情報など
  • ⑤チャート・・・為替チャートなど

全ての項目はツールバーの「表示」から表示できます。

 

MT4のチャートを開く方法

チャートの開き方は、いくつかありますが、最も簡単なのは、

画面の左側にある気配値表示ウィンドウから通貨ペアを選択し、

右クリック - チャーと表示 でチャートを開く方法です

 

気配値表示ウィンドウの中に、お目当ての通貨ペアが見つからない場合は、

右クリック – 全て表示 をクリックすると、表示可能なすべての通貨ペアやCFDが表示されます。

 

ただし、気配値表示ウィンドウに常にすべての通貨ペアを表示しておくと、

PCやインターネットの資源を無駄遣いしてしまうので、

必要な通貨ペア以外は非表示にしておくことをお勧めします。

 

その方法は、気配値表示ウィンドウで右クリック – 通貨ペア で通貨ペアリスト画面を開き、

表示/非表示を設定してください。

 

設定した内容は、気配値表示ウィンドウ右クリック - セット で保存しておくことができます。

他にもチャートを開く方法はあって、ツールバーのチャート作成ボタンからも開けます。

 

MT4のチャートの見た目を整える

ノーマルの状態では、黒地に緑という一般的ではない色合いになっていて、

しかもローソク足ではなくバーチャート表示。すこし見にくいです。

一般的で見やすい色合いに設定を変更しましょう。

ベース  :白
陽線   :緑
陰線   :赤
グリッド :非表示
(あくまで一般的な設定です。お好みでどうぞ)

チャート上で右クリック - プロパティー でプロパティー画面を開きます。

次に、基本配色を Black On White に変更。

次に、グリッドを None に変更。

最後に、上昇ロウソク足を LimeGree に、下降ロウソク足を Red に変更し、OKをクリックします。

 

後は、お好きなテクニカル指標を追加して、自分仕様のチャートにしてください。

テクニカル指標を追加するには、メニューバーの「挿入」 – インジケーター から

選択して追加することができます。

MT4の時間足の変更方法とオートスクロールで最新表示

時間足は、時計マークをクリックし選択することもできます。

メニューから「チャート ⇒ 周期設定」でも設定することができますが、

手間なので、上記のどちらかの方法が良いと思います。

MT4のチャートはリアルタイムで表示されますが、オートスクロール設定していないと、

最新のチャートが隠れてしまいます。

 

ツールバーに表示されている緑三角マークがオートスクロール設定です。

これがONになっていると、画面上に常に最新のチャートが表示されます。

オートスクロールをONにしておくと過去のチャートを見ようとしても、

自動的に今の時刻に戻ってしまいますので、過去チャートを見る時はOFFにします。

チャートが右に寄りすぎていて見づらい場合には、チャートシフトをONにします。

 

オートスクロールの隣にあるボタンが、チャートシフトです。これをONにすると、

最新の足が指定した位置に移動します。

位置はチャート上部にある下矢印で好きな場所に動かすことができます。

オートスクロールとチャートシフトを同時にONにして使っている人が多いと思います。

これで、チャートが見やすい場所で自動的にスクロールされます。

MT4では、画面上にいくつもチャートを表示することが可能で、

チャートごとに設定が変えられますので、色々試してみてください。

MT4の新規注文と決済注文の出し方

売買注文をする方法

利食いとロスカット注文を付加した各種売買注文を、方法を簡単に説明します。

チャートの左上にある▼を押すと出てくるBuyをクリックすれば買えますし、Sellをクリックすれば売れます。

 

そのポジションにロスカット注文と利食い註文を追加するにはターミナルウィンドウ(

画面下、表示していないなら、CTR + Tで表示)の取引タブに並ぶポジションをダブルクリック。

表示されるオーダーの発注画面から、利食い註文とロスカット注文を設定します。

 

決済注文

 

決済注文は、画面下に表示されているターミナル画面から行います。

表示されていない場合は、「表示⇒ターミナル」で表示しましょう。

ターミナル画面の取引タブを選択すると、保有しているポジションが表示されます。

決済したいポジションをダブルクリックするか、「右クリック⇒決済注文」で決済注文が出せます。

決済注文画面も新規注文画面とほぼ同じです。

ここで表示されている「成行売り」や「成行買い」をクリックすると、新規に注文が

出されますので、決済注文の時は、その下に表示されている「成行決済」をクリックします。

指値注文や逆指値注文も可能です。

 

便利な決済方法はこちらの記事で紹介しています。
MT4の便利インジケーター!ポジションを一括決済『OneClickClose』

MT4で日本時間を表示する方法

MT4はアメリカ時間やヨーロッパ時間になっていますが、日本時間を追加することもできます。

海外の時間表記だと、指標の発表時刻とMT4の時刻がずれるのでわかりづらいと思います。

慣れてしまえばそれでも特に問題はないのですが、気になる人は日本時間を追加しましょう。

 

日本時間を表示するインジケータは、

いくつかありますが[JPN_Time_SubZero.mq4]がシンプル簡単でMT4ユーザーに人気です。

下記のリンクからダウンロードします。

 

アップローダーのサイトからダウンロードします。

画面中央の広告上にある[ダウンロード]をクリックし、インジケータをダウンロードします。

 

MT4を起動し、画面上部の[ファイル]→[データフォルダを開く]をクリックします。

フォルダが開いたら[MQL4]→[Indicators]のフォルダを開きます。

先程ダウンロードした[JPN_Time_SubZero.mq4]ファイルをスライドして

[Indicators]フォルダへ移動します。

 

新しくMT4インジケータを挿入した際は、

インジケータを表示させる為に必ずMT4を再起動する必要があります。

MT4再起動後、画面上部メニューから

[挿入]→[縦線分析ツール]→[カスタム]→[JPN_Time_SubZero]を選択します。

まとめ

MT4のインストール方法から、見方、使い方、ちょっとした技までを

紹介してきました。

 

さくっと設定をし、はやく扱いになれて

トレードに集中していただければ幸いです。

海外FXを検討の方へ

CTA-IMAGE 管理人使用口座でもある「XM」今なら口座解説するだけで3000円がもらえます。レバレッジ最大888倍なので、タダでもらえる3000円だけでも十分トレードできます。さらに登録後にはXM内でウェブセミナーを見ることができ、勝てるトレードテクニックを得ることができます。

【FX基礎知識】ここからはじめる!カテゴリの最新記事