FX手法の1つ、両建てはやるべき?

FX手法の1つ、両建てはやるべき?

『両建て』どのような手法かご存知でしょうか?

 

両建てをする効果と言えば、同じサイズの売りと買いのポジションを持つと

必要証拠金が相殺される、という現象があります。

 

「それってどんな意味があるの?」というような疑問があるかと思います。

そこで今回は、「両建て」と呼ばれるFXの売買手法について紹介していきたいと思います。

 

 

両建てとは

 

両建てとは、ほとんどの場合には「損切りを必要としない」とされている

FX参加者にとっては魔法のようなトレード手法だと思ってしまうような手法です。

 

両建て注文について、英語では「cross order」や「matched order」と呼ばれていますが、

簡単に説明すると「同じ通貨ペアに対して売りと買いの両方のポジションを保有する

トレード」の事を指します。

 

例えば、アメリカドルと日本円の通貨ペアの場合であれば、1ドル100円の時に売りポジション、

1ドル90円の時には買いポジションと言う風に、どちらのポジションも保有する事により、

「相場が上昇時と下降時のどちらの相場展開においても利益を出す事ができる」、

もしくは、「売りと買いでポジションが同数の場合には意図した方向へと相場が動かなく

ても損失が拡大しない(利益も拡大しない)」という使い方もされます。

 

両建てはやるべき?

 

上はチャート画面に両建て手法を行った場合の例を、売り(ショート)のポジションを

青色の矢印で、買い(ロング)ポジションを赤色の矢印で入れてみました。

 

どうですか?勝ってますか?負けてますか?とても分かりにくい事になっていると思いま

すが、売りポジションは7つ、買いポジションは4つなっていますが、とてもトレードが複雑に

なっている事が分かって頂けると思います。

 

また、両建て手法でFXをされている専業トレーダーと呼ばれるプロトレーダーの方は、

このポジション1つ1つと全体のバランスを見ながら利益確定や損切りと言ったものを各ポジション

ごとに組み立てたトレードをしています。

 

一見バラバラに見え、意図されていないように見えるトレードが全てのリスクとリワードを

計算した上で構築されています。また、両建て手法の悪い点として、

「損切りをしないで良い」と言う考えがあるために、FX初心者が安易に手を出してしまうと、

 

気が付けばポジションのほとんどが含み損となってしまい、資産全体を1度に失ってしまう

危険性を秘めている点もFX初心者には難しい手法だと言えます。また、EA等によるシステム

売買やコンピューターによる機械的な計算で、両建ての有効性を検証してみると、実際は両建てと

言う方法は手数料を業者に多く支払うだけの無益な事と言うデータも出ています。

 

そのため、主に「トレーダーの精神状態を支える」と言う意味での

両建てをされている場合が多いです。

 

両建てしてポジションを放っておくと、結果的に取り返しがつかない状況に

陥ることが多いので、おすすめできません。安易に手を出さないほうがいいかと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。

海外FXを検討の方へ

CTA-IMAGE 管理人使用口座でもある「XM」今なら口座解説するだけで3000円がもらえます。レバレッジ最大888倍なので、タダでもらえる3000円だけでも十分トレードできます。さらに登録後にはXM内でウェブセミナーを見ることができ、勝てるトレードテクニックを得ることができます。

【FX手法】脱サラFX計画カテゴリの最新記事