必ず理解しなければならないFXのリスクとは

すべてのFX会社では口座開設時に「外国為替証拠金取引に関するリスク」や

「店頭FXで外国為替を取引する際の注意」を説明しています。

この理由はFXがリスクが潜んでいる金融商品であるからです。

 

為替変動リスク

各国の通貨にはどれくらいの金利がつくかが政策などで決められています。

よく「ドルの利上げ」「ゼロ金利政策」などとニュースで報道されるのは、

この通貨の金利のことを指しています。

 

金利が大きな国の通貨(例えばドル)と金利の少ない国の通貨(例えば円)の通貨ペアにおいて、

金利が大きな国の通貨を買うようなポジションを保持していれば、その金利差に相当する、

スワップポイントが毎日入ってきます(ドル円であればロング(買いの)ポジション)。

 

反対に、金利が小さな国の通貨を買うようなポジションを保持していれば、

毎日マイナスのスワップポイントがついて損をします

(ドル円であればショート(売りの)ポジション)。

 

スワップポイントは為替変動のリスクに比べると、微々たるものですが、

長期間マイナスのスワップポイントがつくポジションを保持していれば、

大きな損失になっていくでしょう。反対にプラスのスワップポイントを狙って保持することを、

スワップ取引と呼んだりします。

為替レートは24時間変動していますが、必ずしも私たちの予想通りに動くわけではありません。

 

予測とは反対の方向に動いたときに、損をします。多くの初心者もこの為替変動リスクは

認識していますが、含み損がある外貨を損切りしたくても、

預けている証拠金以上に損をするケースもあることはあまり知られていません。

 

ただし、新規注文をするときに「予想がはずれたら自動的に売却する」逆指値注文を同時に行って、

いつでもロスカットできる状態にしておくと、為替変動リスクで大損する可能性は軽減できます。

金利変動リスク

各国の通貨にはどれくらいの金利がつくかが政策などで決められています。

よく「ドルの利上げ」「ゼロ金利政策」などとニュースで報道されるのは、

この通貨の金利のことを指しています。

 

金利が大きな国の通貨(例えばドル)と金利の少ない国の通貨(例えば円)の通貨ペアにおいて、

金利が大きな国の通貨を買うようなポジションを保持していれば、その金利差に相当する、

スワップポイントが毎日入ってきます(ドル円であればロング(買いの)ポジション)。

 

反対に、金利が小さな国の通貨を買うようなポジションを保持していれば、

毎日マイナスのスワップポイントがついてをします

(ドル円であればショート(売りの)ポジション)。

 

スワップポイントは為替変動のリスクに比べると、微々たるものですが、

長期間マイナスのスワップポイントがつくポジションを保持していれば、

大きな損失になっていくでしょう。反対にプラスのスワップポイントを狙って保持することを、

スワップ取引と呼んだりします。

ロスカットリスク

ロスカットとは新規で購入した外貨に含み損が出たとき、

それ以上損失を拡大させないために「ポジションを決済して、損失を確定する」ことです。

 

例えば「1ドル=100円」で買ったあとに99円まで下がってしまいました。

さらに97円や96円と含み損が膨らんでしまう前に、

98円で決済する逆指値注文が仕込んでおけば、基本的には98円以上のマイナスにはなりません。

 

これは損失が確定するロスカットリスクですが、

同時に損失を限定する効率的な仕組みでもあります。

しかし、ロスカットも完璧ではありません。相場の急変で売買が成立しなかったり、

週またぎで為替レートが乖離すると、逆指値注文を受ける相手がいないために

ロスカットできずに、想定を超える損失になったりします。

 

例えば、2015年1月にスイスフラン/円が115円から162円に急上昇したとき、

116円や117円でロスカットを設定していても、まったく売買が成立せずに、

131円近辺でようやくロスカットできる事象が発生しました。

 

仮に「1スイスフラン=115円」のときに5万通貨を売りから入っていた人は、

116円でロスカットすれば5万円の損失で済みますが、

131円までロスカットできないと75万円の損失となってしまいます。

 

口座に入っている額以上の損失を出してしまった場合、「追証」といって

後からその損失額をFX業者から請求されることになります。

借金、最悪の場合、自己破産ということも十分にあり得ます。

強制決済リスク

顧客がレバレッジをかけて取引をした場合、預かっている資金以上の損失が出る前に、

取引業者は相場の状況がどうであろうと、強制的にポジションを決済してしまうことができるのです。

これが「強制決済」です。

 

証拠金維持率が100%を下回ったり、私たちがFX会社に預けている証拠金の額が、

私たちが保持する外貨の実質価値の4%未満であるとき、私たちのポジションは強制決済となります

 

仮に強制決済のあとに意図する方向に為替レートが推移しても、ポジションがないために無効です。

また、強制決済は成行注文で行いますが、相場の状況次第では取引がなかなか成立せずに、

本来、強制決済を予定していたはずの為替レートよりも乖離することで、

追加で証拠金を支払うリスクも発生します

FXのリスクを管理し危険を最小限に!リスク回避方法

いくつかFXのリスクを紹介してきました。これらのリスクを回避する方法はあるのでしょうか?

リスクを「0」にすることは不可能ですが、危険を最小限にすることは可能です。

ここでは、あるFX業者を選ぶだけで解決できることを解説していきます。

♠ロスカットリスクの解決法

ロスカットも完璧ではありません。相場の急変で売買が成立しなかったり、

週またぎで為替レートが乖離すると、逆指値注文を受ける相手がいないために

ロスカットできずに、想定を超える損失になったりします。

先ほども説明した通り、この場合、数十万、数百万をあとから支払わなくてはならない追証が

発生する可能性があります。

 

FX業者にはこの「追証」が一切発生しないところがあります。

それが世界最大手「XM(エックスエム)」です。

2009年に営業を開始し、2016年には全世界に100万人の顧客数を誇る

日本人にも人気が高い大手ブローカーの1つです。

 

XM(エックスエムゼロカットシステムというものを導入しています。

追証が一切ありません。

数百万、数千万の想定超える損失がでた場合でも追証は発生しません

 

どんだけ負けても口座に入金している額(持ち金)以上に

負けることはないのです。追証による借金、自己破産全く心配する必要がありません

 

♣強制決済リスクの解決法

多くのFX業者は証拠金維持率が100%を下回ると強制的に決済されてしまいます。

あと少し耐えることができれば、大きな利益を得ることができたのに、ということは

よくあります。

 

こちらもXM(エックスエム)を選ぶだけで解決できます。

なぜならXMは強制決済をする証拠金維持率が100%というラインではないからです。

証拠金維持率が20%を下回るまで強制決済は起きないのです

 

100%と20%は、かなりの差です。

証拠金のイメージがわかない方は、XMがだしている「証拠金計算ツール 」

お使いください。↓

まとめ

FXをするということはそれなりのリスクがあります。

それをしっかり理解しておいてください。

 

そして、そのリスクを解決するということが「勝ち」につながります。

トレードのテクニックを上達させることはもちろんのこと、

FX業者を選ぶだけでリスクを軽減することができることもあります。

 

あらゆる角度からFXを攻略していきましょう!

海外FXを検討の方へ

CTA-IMAGE 管理人使用口座でもある「XM」今なら口座解説するだけで3000円がもらえます。レバレッジ最大888倍なので、タダでもらえる3000円だけでも十分トレードできます。さらに登録後にはXM内でウェブセミナーを見ることができ、勝てるトレードテクニックを得ることができます。

【FX基礎知識】ここからはじめる!カテゴリの最新記事