円の価値が変わる為替相場について

円の価値が変わる為替相場について

新聞には、『急激な円高!一時70円台に』などと見出しが大きく出る場合があります。

外貨取引をしたことがない方でも、一度は新聞やテレビのニュースなどで

「円高」「円安」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。

 

FXの第一歩は、この「円高」「円安」という言葉に慣れ、馴染むことから始まります。

円高や円安がニュースになったり、人の話題に上ったりするのは、

円高や円安が日本の経済はもちろん、私たちの生活の至る所に関わっているためです。

では、そもそも円高・円安ってどんなことをいうのでしょう?

円高とは?

 

円高とは、為替相場<1ドル=200円>から<1ドル=100円>になるような状態です。

1ドルを購入するのに必要な円が少なくなったわけですから、

円の価値が高くなったということになります。

 

たとえば、1つ1ドルのハンバーガーを買いに行くとします。

1ドル=100円の昨日ならハンバーガーを一つ買うのに100円支払わなくてはなりません。

でも、1ドル=80円の今日なら、80円支払えばいいのです。

 

昨日は80円で買えなかったハンバーガーが、今日は買えるのですから、

円の価値が上がっているということになりますね。

これが円高ということです。

円安とは?

 

円安は円高の逆で、為替相場<1ドル=100円>から、<1ドル=200円>になるような状態で、

1ドルを購入するのに必要な円が多くなったわけですから、

円の価値が低くなったことになります。


円安はこの逆で、昨日100円で買えたハンバーガーが

今日は120円出さなければ買えなくなってしまいます。

円の価値が下がったということですね。

 

相場における円高・円安


FXにおいて円高・円安はどのような影響があるのでしょうか?

「FXとは」を説明している記事に「為替差益」という言葉があったのを覚えていますでしょうか?

忘れてしまった方はコチラから確認してくださいね。

 

為替差益を獲得するのがFXですので

「円高の時にドルを買って、円安の時にドルを売る」

これで利益がとれます。

 

円安、円高はFXをするにあたって最も重要といっていいほど

利益獲得に直結します。

 

FXをするということは

円安・円高を予想する必要があります。

 

予想する方法として主に

「テクニカル分析」「ファンダメンタルズ分析」があります。

こちらはまた違う記事で追って説明できたらと思います。

 

さて円高・円安の意味は理解できましたでしょうか?

FXで勝っていくためには最低限必要ですので、頭に入れておきましょう!

 

↓沢山知識を得て、さらに基礎を固めていきましょう↓

【step1】超入門編

 

海外FXを検討の方へ

CTA-IMAGE 管理人使用口座でもある「XM」今なら口座解説するだけで3000円がもらえます。レバレッジ最大888倍なので、タダでもらえる3000円だけでも十分トレードできます。さらに登録後にはXM内でウェブセミナーを見ることができ、勝てるトレードテクニックを得ることができます。

【FX基礎知識】ここからはじめる!カテゴリの最新記事