FXを始めるには何が必要か?

FXを始めるには何が必要か?

この文章は、これからFX(外国為替証拠金取引)で資産運用をはじめたいけど、

やり方が分からないという初心者の方にお届けする『トレードの手引き』です。

 

副業・専業、あるいは投資経験の有り無し問わず、FXの取引をするための

入り口となる内容ですのでサクサクッとお読み下さい。

ではさっそく、FXを始めるには何が必要でしょうか。ズバリ、3つです。

 

【1】 FX口座

【2】 トレード資金

【3】 知識

 

この3つについて確認してきます。

 

FX口座

 

株式投資がしたいときは証券口座を作りますし、預金をしたいときには銀行口座を作ります。

同様に、FXの取引をしたいときは取引会社を選び、FX口座を作ります。

 

では、どのFX業者で口座を作りましょうか。

日本には、インターネットで気軽に口座開設できるFX会社が何十もあります。

 

当サイトの「取引業者選びの基準」では、FX会社の選び方についてご案内しています。

業者によって取引画面や注文機能、バーチャルFX(デモ口座)など、

取引システムや投資情報といったサービス内容に少しずつ違いがありますので、確認しましょう。

 

また、FX口座比較ページサラリーマンにおすすめのFX業者では、

大きな資金がなくてもFXを始められる業者を集めて紹介しています。

もちろん、大きなお金でも取引できますので、比較してみましょう。

 

皆様にピッタリのFX口座が見つかることでしょう。

 

取引業者選びの基準

FX業者の選び方!何を比較するべきか

 

サービスを提供する会社の形態は、専業、証券会社、銀行、短資会社に分類されます。FXは金融商品ですから、当然『金融先物取引業協会』の会員であり、金融庁に登録されていることが大前提となります。

トレード資金

 

FX口座を作ったら、次に入金します。FXの世界では、このトレード資金のことを証拠金

(あるいは保証金)と呼びます。証拠金を元にして取引をします。

 

FXの取引をすると証拠金が増えたり減ったりするのは、株式投資と同じです。

意図通りに為替レートが動いてくれれば利益となり証拠金が増えます。

 

では、FXをするために自己資金はいくら必要でしょうか。

FXに投入できるお金には限りがありますから、あまりに多額が必要だとトレードが難しいです。

 

当サイトでは、資金1万円~10万円で始めるトレードについて特集しています。

「資金をあまり準備できないからどうしよう」という自己資金面での心配は無用です。

 

サラリーマンにおすすめのFX業者

 

知識

 

FXをするには、一定の知識が必要です。株式投資をするには銘柄の知識が必要でしょうし、

預貯金をする場合でも、普通預金と定期預金といった知識があった方が良いでしょう。

FXでも同じです。

 

そこで、FXをインターネットで検索すると、実に様々な情報があります。

その膨大な情報量に圧倒されてしまうかもしれません。

しかし、基本的なところを押さえておけばトレード可能です。

 

「買っているときに為替レートが上昇すれば勝ち」

「売っているときに為替レートが下落すれば勝ち」

 

当サイトには、「超入門編」のコーナーがあります。

「円高・円安って何だろう?」という内容からご案内していますので、初心者の方でも安心です。

 

【step1】超入門編

 

FXを始めることによって、資金を増やすだけでなく、

世界経済についての知識も自然と身についてきます。今までは何となく

見過ごしていた経済ニュースについても、関心をもって理解できるようになるでしょう。

海外FXを検討の方へ

CTA-IMAGE 管理人使用口座でもある「XM」今なら口座解説するだけで3000円がもらえます。レバレッジ最大888倍なので、タダでもらえる3000円だけでも十分トレードできます。さらに登録後にはXM内でウェブセミナーを見ることができ、勝てるトレードテクニックを得ることができます。

【FX基礎知識】ここからはじめる!カテゴリの最新記事