FX業者の選び方!何を比較するべきか

トレーダーが選択するトレード手法の傾向として、短期売買を主戦とするデイトレーダーが増えています。それによって、FX業者が提供する商品スペックやサービスも、デイトレーダー向けに進化しました。
また、FXに関する法的な規制や制限などによっても、その対応が進んでいます。

 

FX初心者が取引業者を選ぶ際に、何を基準すればいいのかをピックアップしてみます。

取引ツールの使いやすさ

テクニカルチャートや経済指標・為替ニュースなどが見にくいツールはNGです。特に各通貨ペアのレート、注文画面に違和感を覚えるならそのツールは使い易いとはいえないでしょう。”自分用の画面”にカスタマイズ出来るツールなら、使いやすさの問題は解決可能です。

FX業者のトレードシステムは、初心者にも分かりやすいように様々な工夫や配慮がされていて、かなりの進歩がありますので”直感”で判断しても大きな差は無いでしょう。

情報ツールやサービス

FXの取引ツールには、為替に関する様々な情報が含まれています。また、相場分析の経験が浅い初心者の方にとって、FX業者が主催する勉強会やセミナーは、とても有意義です。初心者向けコースを充実させている会社が増えましので、学習環境も良くなっています。ただ、地域性によって「参加できる・できない」という面もありますので、オンデマンドで勉強会やセミナーを開催している会社はありがたいですね。

サポート体制

 

取引が可能な時間帯(平日24時間)に電話やメールでの問い合わせに対応してくれる会社は安心です。土日は為替市場が閉まっていて取引できませんので、平日24時間対応は、実質フルサポートということです。

DMM FXは、「LINEお問合せ」という、LINEを利用して回答するサービスを実施しています。これ、けっこう使えます。

取引のコスト

取引手数料の無料化が進んだことにより、FXの実質的なコストとなるのは、売買価格の差、つまり「スプレッド」となります。各社が競ってスプレッドの縮小化や固定化、キャンペーンなどの施策を打ち出しています。

日に何度もトレードを繰り返すスキャルピングやデイトレードを主戦にするトレーダーの方にとって「スプレッド」は大切な比較ポイントになります。ご自身が取引する通貨ペアで比較して、取引会社を選ぶ方法もあります。

また、直接的なコストではないのですが、取引したい値段(レート)で売買できるかどうかということも、トレード戦略に影響を与えます。FXでは、発注した値段と約定した値段に差が出ることがあります。この差は、FX業者によっても異なり、できるだけ少なくする施策が打てる注文方法も確立されています。

管理人のおすすめ

 

私は、上記のポイントを総合的に考え、

国内FX業者は、ヒロセ通商【LION FX】DMM FXを使用しています。

海外FX業者は、XMを使用しています。

 

項目 1位 2位 3位
FX部門総合 ヒロセ通商【LION FX】 DMM FX GMOクリック証券【FXネオ】
口座開設の容易さ 外為ジャパン ヒロセ通商【LION FX】 JFX株式会社
満足度 ヒロセ通商【LION FX】 DMM FX JFX株式会社

最終的に何を優先するかはご自身の判断に委ねられますが

まずは国内口座を開設してみてから海外口座を開設してみるというのを

おススメします。

とりあえず開設してみようという方は

ヒロセ通商【LION FX】DMM FXをお勧めいたします。

海外FXを検討の方へ

CTA-IMAGE 管理人使用口座でもある「XM」今なら口座解説するだけで3000円がもらえます。レバレッジ最大888倍なので、タダでもらえる3000円だけでも十分トレードできます。さらに登録後にはXM内でウェブセミナーを見ることができ、勝てるトレードテクニックを得ることができます。

【FX基礎知識】ここからはじめる!カテゴリの最新記事